アルゾーニ・イタリア (ArzonieITALIA)

娘が研究室の先輩方にイタリア料理店「アルゾーニ・イタリア (ArzonieITALIA)」でランチコースをご馳走になったそうです。
「美味しかったから、またに行きたい」という娘のリクエストに応えランチタイムに食事をしてきました。
新たに増えたおススメしたいお店「アルゾーニ・イタリア (ArzonieITALIA)」をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

コストパフォーマンスが高いランチコース

ランチコースはコストパフォーマンスが高く、平日・週末かかわらずランチタイム(11:00~15:00)ありお得なランチコースは前菜よって金額が変わります。
メニューは画像付きです。
Aコース
1,750円(1,925円税込)
前菜(プチサラダと本日の前菜)+パスタorピッツァ+デザート+ドリンク
Bコース
1,850円(2,035円税込)
前菜(シーザーサラダと本日の前菜)+パスタorピッツァ+デザート+ドリンク
Cコース
1,950円(2,145円税込)
前菜(本日の鮮魚のカルパッチョ)+パスタorピッツァ+デザート+ドリンク

パスタorピッツァ+デザート+ドリンク各メニューからそれぞれ1点ずつ選択
各コースは「選べるパスタ&リゾット」または「選べるピッツァ」を下記のメニューより一品ずつ選びます。
続いて「選べるお飲み物」「選べるドルチェ」も下記のメニューより一品ずつ選びます。
選んだお料理によって(+\○○○)追加料金がかかります。
また、生パスタに変更する場合は+\200となります。
余談ですが、パスタやピッツァをシェアできるように来店人数分の取り皿が用意されます。
娘も研究室の先輩方にご馳走になった時もお料理をシェアしたそうです。

選べるパスタ&リゾット(単品だと1,375円〜1,870円)

やまと豚を使ったミートソース温泉卵を添えて/海老とキノコのトマトソース/モッツァレラとバジルのフレッシュトマトソース/アマトリチャーナ/海老とトマトのトマトクリームソース/ヤリイカとフレッシュトマトのアーリオオーリオ/スモークサーモンとほうれん草のクリームソース(+\100)/カルボナーラ(+\100)/色々貝のリゾット(+\300)/海老とブロッコリー・ジャガイモのジェノベーゼソース(+\300)/ペスカトーレ(+\400)秋鮭とキノコのクリームソース(+\300)/子羊のラグソースとペコリーのチーズ(+\300)/牡蠣とイベリコ豚のペペロンチーノ(+\400)/ズワイガニのシンプルなトマトソース(+\500)/たっぷりキノコのポルチーニソース(+\500)/つくば鶏もも肉の八角風味リゾット(+\300)

選べるピッツァ(単品だと1,375円〜1,870円)

桜の薪を使い石窯で焼いているそうです。
ピッツァ生地はプレーン又はほうれん草から選択

マルゲリータ/ジェノベーゼピッツァ/ミラノサラミとチーズの包み焼き/ビスマルク/カプリチョーザ(+\100)/クアトロフォルマッジョ(+¥100)/生ハムとルッコラ(+¥300)/燻製モッツァレラと生ハムのマルゲリータ(+¥300)/サンマのマリナーラ(+¥300)/イベリコ豚ベーコンとキノコのピッツァ(+¥200)/ゴルゴンゾーラとサツマイモのピッツァ(+¥300)

選べるお飲み物

ブレンドコーヒー(Hot or Ice)/カフェラッテ(Hot or Ice)/紅茶(Hot or Ice)/エスプレッソ/アイスウーロン茶/アイスフレーバーティー(アップル)/オレンジジュース/グレープフルーツジュース/ライチジュース/りんごジュース/ブラッドオレンジジュース(+\100)/カプチーノ(+\100)/季節のフレッシュジュース(+\100)

選べるドルチェ(単品だと418円〜605円)

アルゾーニ・イタリア (ArzonieITALIA)のドルチェは自家製だそうです。
季節のショートケーキ/アールグレイと洋梨のムース/林檎のタルト/ザクロとライチのムース/プリンロール/フルーツタルト/ガトーショコラ/チーズモンブラン/ピスタチオのブリュレ/ティラミス/巨峰と生姜とミントのデザート/和栗のモンブラン(+¥100)/シャインマスカットのタルト(+¥250)/レモンのタルト(+¥250)

満足感が高かったAコース

アルゾーニ名物 シーザーサラダ
先輩方にご馳走になった時の画像をスタッフの方に見てもらいAコースを注文しました。
前菜のプチサラダはシーザーサラダドレッシングのかかったロメインレタス上にイタリア産樽グラナポダーノチーズは薄くしなやかな刃で削ると乳白色の削りたてのフレッシュチーズを多めにのせてくれました。
娘は樽チーズを削る様子を動画に撮っていました。
プチサラダとはいえ充分に濃厚チーズと共にシーザーサラダを堪能することができました。
また、本日の前菜は薄切りにされたタコの上に野菜(オリーブなど)のマリネが一口サイズで。

カプリチョーザ
「シェフの気まぐれ(おまかせ)」という意味のカプリチョーザですが、アルゾーニ・イタリア (ArzonieITALIA)のカプリチョーザはトマトソースにオレガノ、バジルチーズ、ベーコン、玉ねぎ、アーティーチョーク、ブロッコリー、チェリートマト、グラナポダーノチーズがトッピングされ具沢山で濃厚な1枚でした。
テーブルの上にはオリーブオイルと赤いオリーブオイルは結構な辛さのオーリオピカンテ(ペペロンオイル・唐辛子オイル)が用意されていてシェアするためカプリチョーザにはかけず付けていただきました。

他に、濃厚チーズとベーコンがたっぷりカルボナーラと海老の旨味ソースと大きめの海老がたくさんは入っていた海老とキノコのトマトソースもいただきました。

和栗のモンブラン
ドルチェの和栗のモンブランは生クリーム、モンブランクリームともに甘さ控えめで土台はタルト生地で生クリームの中に栗の渋皮煮が入っていてその上にドーム型にモンブランクリームが絞られていました。
和栗のモンブランと共にジェラートが盛り合せてありました。
(もちろん他のドルチェにもジェラート付きでした。)
バニラ系、ベリー系、チョコラ系のジェラート&ソースが多いなかパイナップルダイズが入ったパイナップジェラートにパイナップルソースでした。
こってりとしたイタリアンの食後の〆にぴったりなさっぱりとした「〆ジェラート」でした。

アルゾーニ・イタリア ドルチェ 和栗のモンブラン

アルゾーニ・イタリア ドルチェ 和栗のモンブラン

アルゾーニ・イタリア (ArzonieITALIA)

住所:茨城県つくば市赤塚703-3
アクセス:つくばセンター4番バスのりばより「学園南循環」に乗車。
「学園南循環」は右回り(乗車時間20分)または左回り(乗車時間15分)があり「気象台」で下車して徒歩1分。
筑波大学から6.7㎞。
営業時間:日曜営業
ランチ :11:00~15:00
カフェ :15:00~17:30
ディナー :17:30~22:00(L.O.21:00)
定休日:基本隔週木曜(月2回程)
108席、オープンテラスがあり。順番待ち受付システムあり。検温と手の消毒あり。
HP http://arzonie-italia.com/
Facebook @arzonie.italia
Instagram @arzonie-italia
Twitter @arzonie_italia