長寿のお祝い

冠婚葬祭
スポンサーリンク
スポンサーリンク

長寿のお祝いと年齢

今年88歳のおじいちゃんの米寿のお祝いのお知らせがきました。
「俺の友達は、数え年の去年の誕生日にお祝いをして貰ったんだって」と言われてしまいました。
本来なら数え年で去年の誕生日時期にお祝いするらしいのですが・・・。
そもそも長寿のお祝いとはどのようなことをするのでしょうか?
その前に数え年って?聞いた事あるけどなんだっけ?というところからはじまりです。
数え年とは生まれた年を一歳として、あと新年のたびに一歳を加えて数える年齢のことです。

還暦は生まれた年の干支が一巡して還ってくる年のことから還暦。
還暦だけは数え年で61歳、満年齢60歳でお祝い。お祝いのイメージカラーは赤。
赤は魔除けの色だそうです。赤いちゃんちゃんこを着て記念撮影をしていますよね。

古希は国唐時代の詩人の詩の中に「人生七十古來稀」の一節が由来で
「人生70歳まで生きるのは稀なこと」という意味があるそうです。
70歳長寿のお祝いのイメージカラーは紫。

喜寿は「喜」の字の草書体が「七十七」と読めるところから喜寿となったそうです。
77歳のお祝いのイメージカラーは紫。

傘寿は「傘」の略字を縦書きにすると「八十」と見えることから、この名が付いたと言われています。80歳のお祝いのイメージカラーは黄。

米寿は「米」を分解すると「八十八」と読めることから、米寿は88歳の長寿祝いとなったそうです。88歳のお祝いのイメージカラーは黄。

卒寿は「卒」の字を崩すと「九十」に見えることから90歳の長寿のお祝いとなったそうです。お祝いのイメージカラーは紫

白寿は「百」から横線の「一」を取ると「白」になる。99歳のお祝いのイメージカラーは白。

百寿は「百」歳なので百寿。100歳のお祝いイメージカラー桃色。

お祝いについて

食事

自宅でお祝いをする場合は、「米」寿ということで米料理が良いそうです。
おめでたいことがある時に食べる「お赤飯」や米寿のお祝いの色の黄色=錦糸卵、マグロの赤、サーモンのオレンジ色や鯛などの白身魚の白など彩豊な「海鮮ちらし寿司」などいかがでしょうか?
また、タイの尾頭付きなどがあると喜ばれると思います。

しかし、レストランやホテル料亭などで会食をする時は、少し気を使わなければなりません。
苦手な食べ物の対応やバリアフリーなのかトイレは広いのか、
疲れた時に横になるスペースはあるのかそうなると個室の方が良いかもしれません。

また、自宅以外で長寿のお祝いをする時には、家族の集まりだからと言ってデニムとTシャツなどでなくお祝いの場所にあった服装が無難だと思います。

贈り物・ご祝儀とお返し

贈り物として長寿のイメージカラーの「ちゃんちゃんこ」を贈る方が多いようです。他に「ちゃんちゃんこ」以外の贈り物は何が喜ばれるのでしょう?
現実から遠いものが良いと思います。
米寿のお祝いに杖とか補聴器とか日常的に使っているものを貰っても嬉しいでしょうか?
体調に問題がなければ「家族旅行」や「趣味の関するもの」「洋服」「絵」「食品」などの方が喜ばれるような気がします。
サプライズは考えずに、希望を聞いた方が良いかもしれません。
贈り物は何がいいかわからないから「お祝いのお金」=「ご祝儀」にしようと考えている方もいるかもしれませんね。
その時は「祝 米寿」と熨斗袋の表書きに書きます。
子供は2~3万、孫や親戚などは1万で良いそうです。
子供や孫にお返ししなくても、遠方から出席してくださった方には1ヶ月以内にいただいたご祝儀の1/3~半分(半返し)を「内祝い」の熨斗を付けお返しをします。

88歳になると物やお金よりも「お祝いをしようとする気持ち」が一番うれしいのかもしれないですね。なかなか会いたくても会えない人と会える喜び。自分のお祝いのために時間を割いて自分の事を考えてくれる喜び。何よりの米寿のお祝いの日を迎えられたことが一番うれしいのではないのでしょうか。
スポンサーリンク
くらしデポ