大嘗宮一般参観

お出かけ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

皇居へ大嘗宮一般参観

11月21日から12月8日まで一世一度の儀式が行われた大嘗宮を一般参観が皇居・東御苑で始まりました。
11月30日からは皇居内を坂下門から乾門へと抜ける「乾通り」の秋の一般公開も始まります。
事前予約の必要はなく、参観料は無料です。
入場時間は午前9時から午後3時。

大嘗宮

大嘗宮は、天皇陛下がご即位の後、初めての新穀を皇祖・神天地祇に供えられ、自らもお召し上がりになり、国家・国民のためにその安寧と五穀豊穣などを感謝され、ご祈念になる大嘗祭の中心的な儀式、「大嘗宮の儀」のために造営されたものです。大嘗宮の儀では、本年11月14日の夕方から夜にかけて「悠紀殿供饌(ゆきでんきょうせん)の儀」が行われ、翌15日の暁前に「主基殿供饌(すきでんきょうせん)の儀」が行われました。

宮内庁より配布されたプリントより

通勤時間帯の千代田線に乗り二重橋駅で下車。
6番出口の階段をあがると警察車両と警察官の姿が見え、セキュリティーエリアの方へ誘導されました。
二重橋駅よりも東京駅方面から歩いて来る人が多かったです。
また、大嘗宮一般参観ツアーのバスも多くみられました。

手荷物検査

砂利道を歩き手荷物検査エリアへ向かいます。
手荷物検査はバッグの中身、ポーチの中などあらゆる持ち物を男性警官が開き危険物はないかを確認します。

「祝賀御列(おんれつ)の儀(祝賀パレード)」の手荷物検査では飲食物を「廃棄する」か「その場で食べた」というので飲食物は持ち込みませんでした。
手荷物検査ではソーイングセットの中に入っている小さいハサミがあったために先に進む事を止められている人がいました。

金属探知機によるセキュリティーチェック前に「ポケットの中身を出して・・・」とアナウンスがあります。
しかし、あちらこちらで金属探知機が反応し、その都度「鍵」や「スマホ」をポケットからだして確認してセキュリティーチェックをクリアするという感じなのです。

混雑時にはセキュリティーエリアを通過するには、かなりの時間がかかるように思います。
セキュリティーエリアを通過してから大嘗宮に向かいます。

途中、宮内庁関係者と思われる方から「大嘗宮」のプリントをいただきました。
坂下門を通り右手に宮内庁庁舎、中之門跡からは結構急な上り坂で登りきると大嘗宮が見えてきます。
皇居内は広く坂の上り下りがあり、かなり歩くのでハイヒールより運動靴をおすすめします。
途中、ジュウガツザクラが咲いていました。

「サクラサク」で実に縁起がいい!

売店・トイレ・おむつ交換と授乳用テント

坂下門前の手荷物検査エリア前に簡易トイレ。

大嘗宮に行く途中に売店があります。
売店入口には「皇居東御苑」「皇居」「一般参賀・参観等のご案内」の日本語と外国語のパンプレットが置いてあります。
そして、売店は混雑でよく見ることが出来なかったのですが、お土産は主に絵葉書とクリアファイルでお値段は1枚300円から。
飲食物は、なかったと思います。
売店奥には長椅子があり休憩が出来ます。
その長椅子の先には大嘗宮の模型がありました。

売店の横には公衆トイレがあります。
簡易トイレよりは公衆トイレを利用したいと思う人は多いため混雑すると思います。
他の公衆トイレは参観通路内に3ヶ所あります。
大嘗宮横付近に1ヶ所。大嘗宮の裏にあたるところに2ヶ所です。
売店横と合わせて計4ヶ所ですね。

おむつ交換と授乳用テントは2ヶ所用意されていました。
宮内庁庁舎を過ぎたところと大嘗宮の裏にあたるところにありました。

大嘗宮

大嘗宮ではベストショットを撮るために列を並んでいると「悠紀(ゆき)殿、主基(すき)殿は左右対称なので空いているところに移動してください」と警備の警察官がアナウンスをしています。
素直に移動してみると空いていて、人が映り込まない画像をとることができました。

大嘗宮を囲むように参観通路が設けられていて、一世一度の儀式が行われた大嘗宮の記録(画像)を残したいとほとんどの人がスマホやカメラを向けていました。

一通り見学をして白鳥濠の石垣を見ながら大手門を出たところで午前10時でした。
公開された翌日の平日でお天気に恵まれなかったこともあり、人が映り込まない画像をとることができ手荷物検査やトイレなども待ち時間も少なくてすみました。
お天気の良い休日に見学人が映り込まない画像を撮りたい場合は、かなり早い時間に手荷物検査のテント前に並び簡易トイレにも入っておいた方が良いのかもしれません。

大手門前の横断歩道は「青信号を渡るために列を作って待つように」と交通整理があります。
そして、私たちは大手門前の横断歩道を渡り、風雨を避けるためパレスビルから新丸ビルなどの地下通路を通り東京駅に向かいました。

アクセス

坂下門
大嘗宮への進入コースであるの坂下門の最寄りの駅は、地下鉄千代田線二重橋前駅6番出口。
又は地下鉄三田線大手町駅D2出口から約650m(徒歩約15分)
JR東京駅丸の内中央口から約1,000m(徒歩約20分)

お帰りは大手門か北桔橋門、平川門。
東京駅を利用する方へ
雨天時は東京駅からパレスビルの間の地下通路がおすすめです。

スポンサーリンク
くらしデポ