グローバルヴィレッジでの生活

基本的にはグローバルヴィレッジの入居者募集に応募して抽選に当選すれば2年間入居することができます。
再度、大学2年の冬に入居募集に応募をして抽選に当たれば入居延長ができます。
抽選は運次第。
大学1年~大学院1年の5年間入居し、大学院卒業まで入居予定(グローバルヴィレッジは2年契約なので)の学生もいます。
女子は希望者が多いため男子と比べ当選しづらいらしいとか。

スポンサーリンク

グローバルヴィレッジ管理室

グローバルヴィレッジ管理室で出来ること。
①カードキーの紛失・破損をした場合は有償で交換になります。

カードキーの紛失・破損をした場合はとりあえず管理室にて相談をしましょう。
②リヤカーや台車の貸し出し。空気入れの貸し出し。
我が家ではグローバルヴィレッジの先に車を止め、管理室で台車を借りて娘の荷物を娘の居室に運び入れています。
③各ユニットへのトイレットペーパーとハンドソープが支給されます。
ユニット内で係を決め担当者がトイレットペーパーとハンドソープの残りが少なくなったら、グローバルヴィレッジ管理室に受け取りに行きます。

▪グローバルヴィレッジ入居者と連絡が取れないため、安否を心配した保護者が管理室に問い合わせをしても入居者の安否確認のために部屋の様子を見に行ってくれるようなことはありません。
スマホの不具合や紛失をした場合、どのように連絡をとるか、また合言葉などを話し合って決めておくと良いと思います。

自転車置き場

外にガスメーター、各ユニット前の階段おどり場には各部屋の電気メーターがあります。

1階の部屋にはシャッター雨戸があります。
グローバルヴィレッジ各棟付近には自転車置き場があり自分の好きなところに自転車を置くことができます。
高額な高級自転車は駐輪場に置くことは、やめておいた方が良いと思います。

どこにあるかはお伝え出来ませんが、グローバルヴィレッジや管理室、休憩所などには防犯カメラがあります。
また、夜間に管理員がグローバルヴィレッジ内を巡回警備してくれています。

門限

ありません。自由です。

パジャマ

パジャマ、パジャマしたものはあまり着ません。
部屋着の延長。
中学高校のジャージや体操服をパジャマがわりにしている人もいます。

部外者

建物の玄関には各部屋分のポストとインターホンがあります。
入居者はカードキーで建物内にはいれますが、部外者はインターホンで確認が取れなければ建物内に入れてもらえません。

大学の敷地内なのでNHKや宗教の勧誘、新聞の勧誘、押し売りなどは来ません。
建物内に入れる人は、郵便局員や宅配業者は玄関ドアまで。または、ユニット玄関入口まで。
荷物や書留などを受け取ったら、郵便局員や宅配業者が建物外に出たかを確認する必要があります。
また、点検等は前もって管理室よりお知らせがあるはずなので身に覚えがない「点検」と言われたら「確認します」と言ってむやみにドアを開けない方が安心です。

入居者の家族は居室までは入れますが、我が家では娘の居室を長居しても1時間くらいで退室しています。
女性だけが入居している建物なので娘の荷物を居室に運ぶ時には、夫は娘の居室より出ることはなくユニット内のトイレも使用せず管理室内のトイレをお借りします。

ユニット内

換気扇とエアコン完備で換気扇とエアコンをつけっぱなしでいるようです。
フィルター掃除をするように言っているのですが、やり方がわからないのか面倒なのか居室に荷物を届けたついでに娘の居室のエアコンフィルター掃除をしました。
健康的にも経済的にもフィルター掃除をした方が良いと思います。
自宅のエアコンでフィルター掃除を体験しておくと良いかもしれません。

娘はユニット内を歩くときにスリッパは使い、居室はスリッパを脱いで裸足でラグの上を歩くそうです。
また、お客様用のスリッパはないためご家族はスリッパを持参した方が良さそうです

年に数回点検があります。
①電気系統の点検のため、年に数回停電があります。
②ユニット内を綺麗に使われているか利用状況の点検があるそうです。
点検は抜き打ちではないので指定された日に合わせてユニット内で大掃除をするそうです。
後々、アパートで生活をする時が来ると思うのでお掃除の仕方も教わっておくと良いと思います。
あまりにも汚れがひどいと掃除業者に掃除を依頼することになります。

トイレはユニットの左右に1ヶ所ずつ。洗面所には洗面台は2台。
洗面所の奥には脱衣所とシャワールームがあります。

シャワ―ルームが空いていれば、いつでも自由に使えるそうです。
娘は迷惑が掛からないように深夜のシャワーとドライヤーの使用には気をつけているとのこと。
ユニット内の給湯温度は自由に変更でき、シャワーのみで浴槽がないので冬場は給湯温度を44度に設定してあり熱めのシャワーで凍えた体を温めているようです。

自炊と納戸と管理

ダイニングにはテーブルとイス。
ゴミ箱。エアコンと換気扇、共用冷蔵庫・共用レンジ、共用食器棚があります。
シンクが大きくIHコンロがあるので自炊しやすい環境ではあるけれど、それほど凝った料理をする人はあまり見たことがないそうです。

共用の冷蔵庫をユニットの人と共有して使う人もいれば、共用のレンジで冷凍食品や冷凍しておいたものを温めて食事をする人がいます。
共用食器棚を使わず自分の食器やフライパンなどを管理するための自分専用のワゴンをもちこむ人もいます。
また、入居者が自分のために購入した冷蔵庫・レンジ・ケトル・ドライヤー・ヘアアイロン、くるくるドライヤー、衣服用アイロン、掃除機、炊飯器などの家電は自室で使用・管理をしている人がほとんどです。
娘は「お風呂セット」「洗面セット」までも居室で管理しています。

納戸が数ヶ所ありスーツケースを保管する場所や共用掃除機が置いてある納戸があります。
共用部分を掃除しようと納戸を開けると中には、衣替えなどに使われる衣装ケースなどが保管できる広さと棚がありました。
そして、その納戸の棚には掃除機と遠方からの入居者のものと思われる「紐でしっかり縛り付けてある衣装ケース」がありました。
入居日には、納戸に空きがあるかを確認してから衣替えの衣類が入った衣装ケースなどを持ち込み、この衣装ケースの持ち主のようにしっかりと管理をしておくと良いのではないでしょうか。

グローバルヴィレッジユニットリーダー

ユニットリーダーはユニット内のまとめ役で「ユニットリーダー会議」に招集されます。
わかりやすく言うと町内会会長のような役目でグローバルヴィレッジの自治についての話し合いやお知らせ、打ち合わせなどがあります。

ユニットリーダーを中心に「ユニットリーダー会議」での話し合いの結果やお知らせをもとにユニット内で会議などをします。
また、2回目の入居募集の時に『「ユニットリーダー」が出来るか』とお尋ねがあり「出来る」と返答するともう2年入居できるとか。

グローバルヴィレッジのユニット内のメンバー

新しい入居者のためにウェルカムパーティーや懇親会をするユニットもあれば何もしないユニットもあり。
掃除はきっちり隅々までのユニットもあれば、警告されてから急いで掃除をするユニットなどいろんなタイプのユニットがあり。
どのような生活を送ることになるかはユニットのメンバー次第です。
不安になるような事をかきましたが、ユニット内のメンバーはいろんな学類の学生が集まり年齢や習慣や生活パターンが違うため娘のユニットでは「ユニットリーダー会議の報告会」で顔を合わせる程度だったようです。
しかし、2020年はオンライン授業がありユニット内でメンバーと顔を合わせる機会が増えたかもしれませんね。

ユニットのメンバーは各自が節度を守り、かつ自由に大学生活生活を謳歌しているようです。