緊急事態宣言解除後のつくば

スポンサーリンク

緊急事態宣言解除後の生活

オンライン授業には慣れたでしょうか?
つくば市は緊急事態宣言解除に伴い5/18より段階的に自粛解除が行われているそうです。
緊急事態宣言解除後のつくば市内の様子としてショッピング風景がテレビで放送されていていました。

ショッピングセンター

つくばセンターの前にあるBiViつくばは時短営業と通常営業中。
全館休業中のイーアスつくばは5/21、7月より通常営業。一部休業・営業時間の変更あり。
イーアスつくば・フードコート10:00~21:00。レストラン街10:00~22:00。
Q’tは5/22より営業を短縮して営業再開するそうです。
6/8よりQ’tは通常営業。10:00~20:00

交通機関

東京〜つくば間の高速バスは特別ダイヤで運行。
つくば〜羽田・成田・茨城空港間、つくば〜京都・大阪の高速バスは運休。
USJ⇄つくばセンター間「よかっぺ号」7/1夜出発便よりマスク着用、座席使用制限ありで運行再開
水戸〜つくば間は運行中のようです。
つくばエクスプレスのHPではWEB会議等の背景画像12点が公開されていました。
個人利用可ということなのでオンライン授業の背景に利用させていただくと良いかもしれません。

学生の様子

娘に緊急事態宣言解除後の変化について聞いてみました。
学生はオンライン授業のため買い物以外はアパートや学生宿舎にとどまり、自粛解除後も不要不急の外出を控えている様子。
娘の周辺の人々だけなのかもしれないのですが、アルバイトも通常通りに戻りつつあるとか。
また、物珍しさからテイクアウトをしていた人はテイクアウトを控え、自炊をしている人が増えたように思うとのこと。

新入生(らしき人々)は、学生宿舎・グローバルヴィレッジやアパート・マンションに引っ越しをして入居。
アルバイトを始めたり、Twitterなどから連絡を取り合い仲良くなった同級生同士で食事や買い物・入居先で食事をするなど交流を深めているとのこと。

マスク

つくばでも入手困難だったマスクを見かけるようになったようです。
しかし、以前に購入していた価格では購入できず高額なため 学生もハンドメイドマスクを使用している人が増えているとか。
娘からも不織布のマスクでは口元が暑く蒸れるので、蒸れないマスクの作製を依頼されました。
カーゼの代わりにエアリズムを使用してマスクを作製したいと思っています。

臨時休業していた中央図書館の建物内に併設されている(総合病院内にあるコンビニをイメージ)スターバックスコーヒーが5/19から10:00〜18:00の時短営業で再開されるそうです。
各図書館は土・日・祝日は休館。平日9:00~17:00開館(貸出時間は16:30まで)

季節も変わり、少しずつ日常生活が戻りつつある筑波の様子でした。