ノートパソコンの画面を液晶ディスプレイで見る

暮らし事
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ノートパソコンの画面を液晶ディスプレイで見る

夫のテレワークが始まりました。
テレワークとはテレ(離れた所)ワーク(働く)場所や時間にとらわれない柔軟な働き方ということですが、夫の場合は始業開始時間にはじまり定時までの通常の就業時間とおりです。
テレワークを始めるにあたり「自分の部屋で仕事をすると公私の切り替えが出来ない。自分の部屋と寝室を使いたくない」と言い出しました。

相談のうえ、リビングの隣にある和室で仕事をすることになりました。
テレワーク前夜、リビングからプリンターやタブレットやスマートフォンなど各機器の充電をするために使っていたお古のパソコンディスクを和室に移動。
液晶ディスプレイもリビングで私が使用している物を使うことを提案したのですが、自分の部屋にあるサブの使っているディスプレイを使うことになりました。
夫の部屋にあるデスクトップパソコンのサブで利用しているディスプレイとキーボードを移動しプチ模様替えをしてテレワークに臨むことになりました。

ノートパソコンを液晶ディスプレイに接続

ノートパソコンとディスプレイを接続する場合はパソコンによって端子が異なるためノートパソコンの仕様書(マニュアル)で接続・設定方法や表示できる解像度を確認する必要があります。
液晶ディスプレイはノートパソコンの側面にある外部ディスプレイ用の端子に合ったディスプレイを使います。

テレワークのために会社から持ち帰ったものは、取引先用ノートパソコンと会社で支給されたヘッドセットと社用ノートパソコンと社用携帯。
取引先用ノートパソコンは12.1インチ(HDMI端子がある。)
社用ノートパソコンは15インチ(HDMI端子がない。)
持ち運びできるノートパソコンは場所を問わず使用でき便利なのですが、
①画面が小さい
②作業領域が狭い
③画面の解像度が高い
そのためノートパソコンの画面の文字が老眼の夫には見づらいため仕事の効率が非常に悪くなるのです。
また、仕事に集中するとまばたきをせず画面を見続けてしまうので眼精疲労が起きてしまいます。

会社では液晶ディスプレイを使用している夫は、ノートパソコンの側面に搭載されている映像出力端子HDMI端子やVGA端子を利用してノートパソコンの画面を液晶ディスプレイで見られるように設定を始めました。

HDMI (High-Definition Multimedia Interface)端子は、主にテレビとハードディスクレコーダー、テレビとゲーム機、ノートパソコンとディスプレイなどを接続する際にHDMI端子を使うと映像や音声などを1本の映像信号ケーブル(HDMIケーブル)にまとめて送ることができます。

①キーボートはUSBケーブル(キーボードについているケーブル)をノートパソコンのUSB端子に接続する。

②無線タイプのワイヤレスマウスの附属品のUSBレシーバーをノートパソコンのUSB端子に接続してワイヤレスマウスと通信が出来るようにする。

③取引先ノートパソコンのHDMI端子と液晶ディスプレイのHDMI(High-Definition Multimedia Interfaceの略)端子をHDMIケーブルで接続する。

(通常は1台の)ノートパソコンと液晶ディスプレイのケーブル設定が終了、パソコンの電源を入れてパソコンを起動させます。
そして、デスクトップ上(液晶ディスプレイの画面)でマウスの右クリックしてディスプレイ設定をクリック。
検出をクリックしてディスプレイを検出します。

2代目のノートパソコンを接続する場合
④2台目の社用ノートパソコンにはHDMI端子がなくVAG端子(アナログ端子・HDMI端子が主流になる前はVAG端子)の場合。
そのVAG端子にD-SUBミニ15ピンケーブル(アナログ端子ケーブル)ケーブルを使い液晶ディスプレイの端子に接続する。

2台目はキーボードを接続していないのでキーボードはノートパソコンキーボードを使用。
液晶ディスプレイに表示させたい画像は各ノートパソコンを操作します。

液晶ディズプレイ

ノートパソコンとディスプレイを接続する場合はパソコンによって端子が異なるためノートパソコンの仕様書(マニュアル)で接続・設定方法や表示できる解像度を確認する必要があります。
ノートパソコンの側面にある外部ディスプレイ用の端子に合った液晶ディスプレイを使います。
液晶ディスプレイを購入するときは
①ディスプレイの入力端子と付属する映像信号ケーブルを確認します。
②パソコンの出力端子の形を確認します。
③付属する映像信号ケーブルとパソコン出力端子の形を確認します。
④購入予定の液晶ディスプレイの解像度が対応しているかを確認します。

夫が部屋から移動してきたサブで使っている液晶ディスプレイは
マウスコンピューター iiyama モニター ディスプレイ XUB2493HS-B3
①ディスプレイ大きさは23.8型IPS方式パネル
②フルHD 広視野角ノングレア液晶
③ディスプレイが昇降して高さが変更できるスタンド機能
④画面の向きを90°(左右各45°)動かせるスウィーベル機能
⑤HDMI,D-Sub,DP端子がある。
色はマーベルブラック
付属されている映像信号ケーブルはDisplayPortケーブル(1.8m)・HDMIケーブル(1.8m)・D-SUBミニ15ピンケーブル(1.8m)・オーディオケーブル(1.8m)
電源コード(1.8m)/スタンドベース(ネジ付き)/ セーフティー&クイックスタートガイド/保証書(クイックスタートガイド内)
この液晶ディスプレイを選んだ理由は①ディズプレイの大きさが23.8型②解像度がフルHD③ディスプレイが昇降し自分に合った高さに調整が出来る④控えめなお値段だったからとのこと。

スポンサーリンク
くらしデポ