海の浮かぶ神磯の鳥居に神降臨 大洗磯前神社

パワースポット・寺社巡り
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「大洗磯前神社」

「酒列磯前神社」と二社で一つの対の宮といわれる「大洗磯前神社」に行って来ました。

御由緒とご利益

【御由緒】

平安時代の書物『文徳天皇実録』によれば、斉衡3年(856)12月29日、鹿島郡大洗磯前に新たに神が降りられた。郡民で海水を煮て塩をつくる者が夜半に海を望むと天が光り輝いているのが見え、翌朝一尺ほどの二つの怪石が海辺にあった。翌日さらに二十余りの小石が二つの怪石に侍座するようにならび彩色は常にあらず形は沙門に似ている。時に里人の一人に神がかりをし「我はこれ大己貴、少彦名命也。昔この国を造り常世の国に去ったが、東国の人々の難儀を救う為に再びこの地に帰って来た。」と仰せられた。これにより神社を創立。翌、天安元年官社に列し、同年、「大洗磯前薬師菩薩明神」の号を賜る。明治18年4月国幣中社に列す

茨城県神社庁より引用

「酒列磯前神社」二社で一つの対の宮といわれているので神様は七福神の大黒天とみなされている大名持命(大国主命の別名)と、ともに国造りを行ったとされる寸法師がモデルになった少彦名命です。

「酒列磯前神社」のご利益は「病気平癒・健康長寿・醸造発展・温泉の神」
「大洗磯前神社」のご利益は「家内安全・商売繁盛・福徳円満・良縁成就・開運厄除の大神、酒造、病気治療」などがあると言われています。

ご利益が多いですよ!

一の鳥居、二の鳥居、神磯の鳥居

県道をまたいで一の鳥居が立っていていました。鳥居の下を車が走っているのです。
「結界を張っているのだろうか?」と思っていたのですが、一の鳥居がある場所はかって「大洗磯前神社」の境内があり木造の神明型鳥居が立ってそうです。
しかし腐食が激しく昭和38年に現在の明神型の鳥居に再建されたということです。

一の鳥居の下の国道から坂道を上ると神社の駐車場に到着します。
手水舎・拝殿に向かう途中に参拝者休憩所、大洗磯前神社案内図、御祭神、御神徳について説明されているものがありました。
「酒列磯前神社」同様「海の見える鳥居」がありましたよ。
神域に邪悪なものが入り来るのを防ぐ御門の神をまつる随神門には「大黒天」が参拝者をお迎え。
狛犬の「酒列磯前神社」同様向き合って神様を守ります。

拝殿には東照宮と同じような色彩と装飾がされていて、「払い給え清め給え・・・。」と神様にお参りをする前に罪や汚れを祓い落とすように大麻(おおぬさ)と無事に帰れるようにカエルの置物がありました。

境内を散策するとたくさんの大黒天が参拝者を見守ってくださっていましたよ。
人の気配がなくなった拝殿の後ろの方に行くと塀で囲われた本殿の茅葺屋根に注目すると三つ巴と菊花紋章が見え静かな雰囲気の中、とても重々しく、威厳がありパワーを感じました。
本殿・拝殿・随神門が茨城県・大洗町の文化財に指定されているそうです。

境内散策を終え、駐車場に戻り坂を下り徒歩で一の鳥居に向かい一の鳥居を写真に収めてから、二の鳥居に向かいました。
神磯の鳥居に向かうには、二の鳥居の前の横断歩道を渡り横断歩道の先にある路地を抜けると防波堤に出ます。
そこから、神磯の鳥居を拝むことが出来ます。波が穏やかだったので神磯の鳥居と地平線が重なるように見えました。

画像を見ていただけるとわかると思いますが拝殿、随神門、海の見える鳥居、階段を降りると二の鳥居から神磯の鳥居まで神様の通り道なのだろうと想像できます。
お気づきになりましたか?
二の鳥居の前の横断歩道ですが、神様の通り道を歩かないようになっています。

帰りは、二の鳥居をくぐり21段ごとに踊り場がある計84段の急な階段を上りました。

アクセス

水戸駅から鹿島臨海鉄道大洗鹿島線(8番線)に乗り換え運賃320円「大洗駅」約2.5km。市町村バス海遊号アクアワールドルート大洗磯前神社下車100円。一般バスあり。
北関東自動車道水戸大洗ICより約5.5km

スポンサーリンク
くらしデポ